〒812-0018 福岡市博多区住吉1-2-25 キャナルシティ博多ビジネスセンタービル1階

MENU

肝斑・くすみのレーザー治療|キャナルシティ博多の皮膚科・美容皮膚科・ニキビ治療 - なかぞのスキンクリニック博多

ブログ

Blog

肝斑・くすみのレーザー治療

いわゆる「レーザートーニング」と呼ばれる治療です。ソバカスや日光色素斑にも効果がありますが、とくに「肝斑」「お肌のくすみ」「炎症後色素沈着」に高い効果があります。メラニン色素に反応するレーザー光を低出力で、皮膚から少し離して、全体的に照射する治療ですので、他のレーザー治療と比較して、治療時の痛みが少なく(痛みの感じ方には個人差があります)、ダウンタイムがほとんどないことから、これまで美容皮膚科のレーザー治療を受けたことがない方にもおススメする治療です。

治療時の痛みは表面がチリチリとした感じです。お顔全体で2分程度の時間です。治療後は、ほんのりとピンク色になる程度の反応の方がほとんどで、直後からメイクも可能です。

2~4週ごとに定期的に繰り返すことで、肝斑や色素沈着が少しずつ薄くなります。レーザートーニングとイオン導入を同日に行うことでさらに効果が出やすくなります。治療回数の目安は、症状にもよりますが、5~10回程度が目安です。

カテゴリー