〒812-0018 福岡市博多区住吉1-2-25 キャナルシティ博多ビジネスセンタービル1階

MENU

紫外線対策|キャナルシティ博多の皮膚科・美容皮膚科・ニキビ治療 - なかぞのスキンクリニック博多

ブログ

Blog

紫外線対策

紫外線を防ぐ対策についてご紹介します。

①紫外線の強い時間帯を避ける。

午前10時~午後14時くらいの屋外活動を避ける。

②日陰を利用する。

日陰でも散乱・反射により日光は届きますが、紫外線量は日向の50%程度になりますので、日陰を上手に利用しましょう。

③日傘を使う、帽子をかぶる。

とくに幅の広いつばのある帽子が効果的です。布地自体に紫外線カット効果あるものがよいです。

④衣服で覆う。

襟付き・長袖シャツが効果的です。布地自体に紫外線カット効果あるものですとさらに効果的です。

⑤サングラスをかける。

顔にフィットした、小さすぎない、色の濃すぎない、紫外線カットレンズのものが効果的です。

⑥日焼け止めを上手に使う。

日常生活にはSPF15~20 PA+~++

屋外での軽いスポーツやレジャーにはSPF20~30 PA++~+++

炎天下でのレジャー・マリンスポーツにはSPF40~50(+) PA+++~++++

が日焼け止めを選ぶ目安として推奨されます。

塗る量も大切です。使用する日焼け止め製品の説明書をみて適正使用量を確認しましょう。一般的には、顔全体でクリームタイプのものはパール2粒分、液状のものは1円硬貨大2個分です。この量は意外と多いと思いませんか?実際に、使用量が少なく日焼け止めの効果が十分に発揮されていない場合もみられます。

塗り方は、日焼け止めパール1粒分または1円硬貨大1個分を、額、鼻先、右ほお、左ほお、あご先の5か所に置き、塗り広げる。塗りムラのないように、これをもう一度繰り返す(2度塗り)。

汗や皮脂で流れたり、タオルやハンカチで拭くことで日焼け止めがおちてしまい効果が減るため、2~3時間ごとにこまめに塗りなおす(重ね塗り)こともポイントです。

地面からの反射で下方向からも日焼けしますので、耳の後ろや鼻の先、あごの下なども塗り残しのないようにしましょう。とくに、雪や砂浜、水面では土や芝生よりも下からの反射が大きくなります。また標高が高くなると紫外線量も増えるので、スキーやマリンスポーツ・海水浴、登山などの際はしっかり塗るようにしたいですね。

髪や頭皮の日焼け止めはスプレータイプがおすすめです。お顔などの外出先での重ね塗りにも使いやすいです。目や口に入らないように気を付けてください。

以上のように、紫外線対策は物理的遮光が基本ですが、飲む日焼け止め(UVlockなど)を併用すると、さらに効果的です。

カテゴリー