〒812-0018 福岡市博多区住吉1-2-25 キャナルシティ博多ビジネスセンタービル1階

MENU

更年期と大豆イソフラボン|キャナルシティ博多の皮膚科・美容皮膚科・ニキビ治療 - なかぞのスキンクリニック博多

ブログ

Blog

更年期と大豆イソフラボン

豆腐や納豆などの大豆食品に含まれる大豆イソフラボンから体内でつくられるエクオールは、女性ホルモン様作用があり、体内エクオール量が多い人は更年期症状が軽いと言われています。

では、「大豆食品をどんどん摂取しよう。」と思いますが、大豆中イソフラボンから体内でエクオールをつくれる人とつくれない人がいます。日本人中年女性の場合、エクオールをつくれる人は二人に一人。

私も以前尿中エクオール検査キット「ソイチェック」をAmazonで購入し調べてみました。採尿したものを検査会社に送り、待つこと2週間ほどで、検査結果が送られてきます。結果、私は「エクオールをつくれない人」・・・でした。以前20代~40代のスタッフ9名に「ソイチェック」を受けてもらったところ、結果は、エクオールをつくれる人が4名、エクオールをつくれない人が5名でした。日本人の約半分がエクオールを産生できるというデータとほぼ当てはまっていました。

体内エクオールをつくれない私は、エクオールそのもののサプリメントであるエクエルを2016年から1日4カプセル毎日摂取しています。個人的な感想になりますが、私の場合は月経サイクルの乱れが改善し、変化を感じています。また食事でも、納豆や豆腐、枝豆などの大豆食品は毎日必ず食べるように気を付けています。

とくに40代以降のプレ更年期~更年期が気になる女性には、更年期を少しでも穏やかに乗り越えるべく、大豆イソフラボンを積極的に摂取していただきたい栄養素です。

*大豆アレルギーのある方はエクエルは内服できませんのでご注意ください。

カテゴリー