〒812-0018 福岡市博多区住吉1-2-25 キャナルシティ博多ビジネスセンタービル1階

MENU

ケミカルピーリング|キャナルシティ博多の皮膚科・美容皮膚科・ニキビ治療 - なかぞのスキンクリニック博多

ブログ

Blog

ケミカルピーリング

ニキビ治療のケミカルピーリングとは、お顔や背中、おしりなどのニキビの部分にピーリング剤を塗布し、角質をごく薄く剥がす治療です。毛穴の閉塞や角栓、皮脂の貯留を融解し、毛孔のつまりを改善する効果があります。この他にも、脂性肌の改善、ニキビの炎症を鎮静させる、表皮のターンオーバーを促進し、真皮の創傷治癒を促すことで、ニキビ跡の瘢痕を改善する効果も期待できます。当院では、グリコール酸およびサリチル酸マクロゴールによるケミカルピーリングを行っています。

治療中、ピーリング剤を塗布している間(1~3分間程度)は、ピリピリする、カッカと熱い感じなどの刺激感を感じる場合があります。その後、ピーリング剤を除去し、クーリングを行います。ピーリング剤除去後には刺激感は落ち着きます。ケミカルピーリング直後は部分的に軽い赤みがみられることもあります。炎症性ニキビが自然に排膿する場合もあります。直後から角栓がとれてツルツル感を実感する方も多いです。

ケミカルピーリングで角質を除去したお肌に、ビタミンC誘導体をイオン導入することで、抗酸化作用や黒ずみに対する美白作用がより効果的になります。

ケミカルピーリング後は軽くお化粧をしていただくことも可能ですが、できればポイントメイク程度がおすすめです。ケミカルピーリング後のスキンケアは、紫外線対策として日焼け止めクリームを使用し、保湿を心がけてください。トラブルを避けるために、日常使い慣れた刺激の少ないスキンケアやメイクを心がけてください。

ニキビの状態にもよりますが、ケミカルピーリングを2~4週間ごとに4~6回程度繰り返し行うことで、徐々にニキビが減少し、改善していく経過をたどりますので、定期的な通院をお勧めします。

ケミカルピーリング前後に、トレチノイン治療など他の施術を受けられた方は、1週間程度期間をあけてください。

カテゴリー